2013.10.16 17:48

NMB48山本彩、憧れの偉人に変身 念願叶うも「疲れちゃった」

NMB48の山本彩が、関西テレビ「NMBとまなぶくん」(毎週木曜深夜0時35分)の京都ロケで、新撰組の衣裳を着て殺陣(たて)に挑戦したことが16日、わかった。

同番組は「世間のことを何も知らないNMB48のために、これからの人生には必要不可欠な様々なことを教える学校を開校」というテーマで放送。今回は、「京都で遊びまくり大遠足SP」と題して初のオールロケを敢行。山本をはじめとするメンバー8人が「幕末を学ぶ班」、“みるきー”こと渡辺美優紀をはじめとするメンバー8人が「水族館を学ぶ班」のふたつに分かれて撮影が行われた。

かねてより歴史好きを公言している山本は、新撰組の屯所だった「八木邸」に訪れ大興奮。さまざまな新撰組の裏話に、いきいきとした表情で授業を受ける様子が見られた。続いてメンバーは、新撰組になりきるために映画村に移動。組の局長である近藤勇役に扮した山本はテンションマックス。池田屋にいる悪者を成敗するというショートドラマで殺陣に挑戦した。

念願だった殺陣を振り返り山本は、「今まで新撰組の袴は着たことがあったんですけど、着たまま殺陣をしたのは初めてでした。こういう映画村でしっかりと出来たのは嬉しかったですね。それと、刀をさしたのは初めてだったのですが、そんなに重くもなくて割と女性にも優しいかなと思いました」と満足気に語った。続けて「どこまでやれるかわからなくて、めげそうになっちゃって、慣れないことをして体も疲れちゃっいました。でも頑張りました!」と回想。また、家に新撰組の土方歳三の肖像画を飾るほど、新撰組に思い入れのある山本は、「自分の大好きなものに触れられて楽しかったし、勉強にもなったので、本当にいい経験でした」と充実したロケになったことを明かした。



一方の「水族館班」は、イルカと触れ合ったり、ケープペンギンのお世話をしたり、大水槽の魚たちの餌やりに挑戦したりと、様々なことを学んだメンバー。ロケを振り返りみるきーは、「正直これまで魚にはあまり興味がなかったんです。でも学んでみると意外と楽しいことがたくさんありました。あまり興味がないことでも、学んでいけば楽しいことに気づきました!今は地球について学びたいです」と刺激を受けた様子だった。


「幕末班」:うーか、このみん、さえぴぃ、さやか、みるるん、むろかな、ゆいぽん、りぽぽ、かまいたち、モンスターエンジン
「水族館班」:あいり、アカリン、かなきち、けいっち、なな、まーちゅん、みるきー、りかにゃん、ダイアン、矢野


スポンサード リンク
NMB48 LIVE!! ON DEMAND

雑誌

DVD&Blu-ray

CD

写真集・カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031