2013.10.11 17:00

NMB48メンバーがSかMかを大胆告白 意外な嗜好を明かす

NMB48の山本彩、渡辺美優紀ら15歳を超えるメンバー計46名が10日、大阪府内にて行われたお笑いコンビ・ダウンタウン松本人志の映画監督作品「R100」の鑑賞会に出席した。

NMB48が一度にこれほどの人数で公の場に集まったのは結成以来初めて。また、メンバーが集まり、公式に映画鑑賞会をするのも初の試みだった。

本作は、“絶対に開けてはいけない扉”を開いて謎のSMクラブ「ボンデージ」に入会してしまった1人の男性の摩訶不思議な体験を描いた“未体験リアル・ファンタジー・エンターテイメント”だ。鑑賞前に映画の内容に絡めて、「SかMかとその理由」と聞かれたメンバーたち。

山本は、「Mです。漫画などを読むと、Sな人にときめくんです。Sな人に共感はしないのでMなのかなと」、渡辺は「私はSもMもどちらもですね。メンバーたちと一緒にいても、自分が人をイジったりするのも好きだし、イジられても嫌な感じがないからです」とそれぞれ告白。

さらに小笠原茉由は、「メンバーに対しては、少しSなところがあるかも」と話し、「メンバーたちの胸を触って、嫌がる顔を見て喜んでいます(笑)。でも、ミルキー(渡辺)に対してはMかも。ミルキーの歯が大好きで、噛んでもらいたい願望がすごくあるんです(笑)」と暴露した。Sだという吉田朱里は「ファンの人から“Sリン”て呼ばれるし、握手会なんかでも『踏んで』って言われます」と大胆発言。

鑑賞後、映画の感想を求められた山本は「何も考えずに、どんなものが始まるのかワクワクしながら観たんですが、自分が考えていた“SM”というものより、はるか斜め上をいっていたというか。突っ込みどころが満載すぎておなか一杯です」とコメントした。

映画を観て、10月12日、13日に開催を控える3周年記念講演に向けてはずみがついたかと問われると、山本は「映画の中には様々なキャラクターの女王様がいたので、NMBのメンバーも一人づつ、個性をもって臨んでいきたいと思います」と意気込み。最後に、「松本人志さんとは普段一緒にお仕事をしても、あまりお話したことがなかったので、今回映画を観て松本さんの脳内が見られるかも、とワクワクドキドキ楽しみました。そして、松本監督の脳内は…めちゃくちゃでした! 」とメッセージを送った。

映画「R100」は全国にて上映中。(モデルプレス)

■映画「R100」
出演:大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、佐藤江梨子、渡辺直美、前田吟、YOU、西本晴紀、松本人志、松尾スズキ、渡部篤郎
監督・脚本:松本人志
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
(C)吉本興業株式会社

<ストーリー>
都内有名家具店に勤務する片山貴文には秘密があった。それは、謎のクラブ「ボンデージ」に入会してしまったということ。以降、様々なタイプの美女たちが片山の日常生活の中に突然現れ、彼をこれまで味わったことのない世界へと誘っていった。しかし内容は次第にエスカレートしていき、女性たちは彼の職場や家庭にも現れるようになる。耐えられなくなった片山はプレイの中止を求めるが、一向に受け入れられない。さらなる予測不能の事態が次々と巻き起こる中、果たして彼の運命は―!?

スポンサード リンク
NMB48 LIVE!! ON DEMAND

雑誌

DVD&Blu-ray

CD

写真集・カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031